読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風接近で要注意!気象病って?

みなさんは台風が接近した時に具合が悪くなたりしませんか?

 

体調不良で済ますにはまだまだ早いです。

ちょっと待ってください!!

 

それは、気象病の恐れがあります。

 

気象病とは?

台風の接近や季節の変わり目など気圧の変化や気温の変化によってさまざまな体調不良を起こす病気です。

 

気象病ってなんでなるの?

まだまだ解明されていないことが多い病気です。

人体にある気圧を感じるセンサーの役割をするところが対応しきれなくなり

悪影響を及ぼすようです。

台風が来る前と来た時によって生じる気圧差で人体に悪影響が出ます。

 

 

具体的には台風によってどのような症状が出るの?

頭痛

吐き気

めまい

関節の痛み

肩こり

体がだるい

喘息

眠気

耳鳴り

手足がむくむ

情緒不安定になる

憂鬱になる

食欲が出ない

 

などなど非常にたくさんの症状があります。

 

人体にはどのような影響が出ているのか?

台風の影響で気圧が下がることによって人体にかかる圧が弱くなるので

血流が悪くなり、その結果体がだるくなったり、食欲が出なくなったりします。

 

他にも全身にかかる圧が下がるのでむくみがひどくなったりします。

 

 

 

普段は天候に合わせて自律神経が調節していますが、悪天候や酸素不足によって

自律神経が乱れてしまいます。

 

 

そもそも自律神経とは、人体の活動を活発にする交感神経と

交感神経と逆の役割、体をリラックスさせたりする役割を持つ副交感神経があります。

 

交感神経か副交感神経かどっちを優位にさせかは体が無意識にやっています。

晴れたいい天気の日には交感神経が働き、汗をかきやすくしたり、血圧が上がったりします。

 

反対に気圧が低く天気が悪いときには副交感神経が働き、眠くなったり、偏頭痛が

起こったりします。

 

 

台風によって気圧が下がると副交感神経が優位になりがちになり

常にやるきが起きなくなったり気分が落ち込みがちになったり、やる気が起きなかったりします。

 

晴れの日はやる気が出ますし、曇っていたりするとなんか気分が落ち込みますよね。

 

台風により湿度が高くなると汗による体温調節が出来なくなり体温が上がり続けて

熱中症になってしまいます。

悪天候により副交感神経も働いて汗が出にくくなってます。

 

さらに体が水分を吸収していまい人体そのものが湿気ってしまいます。

その影響によって食欲が出なくなったり、体がだるくなったり

食欲不振になったりします。

 

 

 

 

ではどのように対策すれば良いのでようか?

1適度な運動をする

運動することによって血液の循環がよくなり、血圧があがって交感神経が

優位になります。

運動して汗をかくことによって体が吸った無駄な水分も出すことができます。

ストレッチをしたり散歩をしたり筋トレをしたりしましょう。

20分ランニング程度でも効果はあると思います。

ただ水分を出しすぎると熱中症になる恐れもあるので適度に水分は摂ってください。

 

2ストレスを溜めない

ストレスを溜めると自律神経が乱れてしまいます。

日頃からストレスを溜めないことを心がけましょう。

泣いたり汗をかいたり体から何かをだす行為をするとストレスが

解消されます。

 

3規則正しい生活を心がける

睡眠不足や生活リズムの乱れによって体が疲れてしまいます。

普段から健康に保っていると自律神経も適切に働くので

心がけましょう。