読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感染拡大中の麻疹大人の予防法とは!?

最近感染拡大中の麻疹ですが、大人が感染を予防するにはどのように

したら良いのでしょうか?

 

麻疹はどのように感染するのか?

麻疹ウイルスは飛沫感染、接触感染、空気感染全てを感染経路として

感染します。

 

どう予防すればいいの?

麻疹は非常に感染力が強く、風邪予防で一般的な手洗いやうがい、マスクなどでは

感染を完全に阻止することはできません。

 

唯一の予防法はワクチンを接種することです。

麻疹は一回でのワクチンで完全に免疫をつけることができないので

二回接種しなければなりません。

 

麻疹ワクチンは6,000円ぐらいかかります。

 

なぜ、大人で麻疹に感染するのか?

1ワクチンを接種していない

近年のワクチンの接種率は8割から9割ほどですが全くワクチンを接種していない人も

います。

最近のように麻疹が流行ってしまうと、全くワクチンを接種していない人は

発症してしまうので注意が必要です。

 

2免疫が下がってしまっている

麻疹ワクチンを接種すると人工的に免疫が作られます。

この場合人工的に作られなので普段から麻疹ウイルスにさらされていないと

免疫が下がってしまいます。

麻疹ウイルスが減少すればするほど免疫が下がってしまうので

麻疹が急激に流行ってしまうと感染してしまいます。

 

 

 

大人の麻疹の症状は?

咳、鼻水、くしゃみ、目の充血、目やになどを引き起こしながら

38度の熱が3日から5日続きます。

 

 

一旦熱が下がった後に40度に近い熱を出し、発疹が身体中に広がっていきます。

麻疹には特効薬がないので自然に治るのを待つしかありません。

また大人の麻疹は子供の麻疹より重度になりやすく入院が必要な場合もあるので

注意が必要です。

 

 

麻疹による高熱で体力が弱くなっている状態が続くので、肺炎や中耳炎などを併発してしまう場合があります。

 

 

 

妊婦が一番麻疹の感染を気をつけなければならない理由とは?

麻疹は妊婦がかかってしまうと流産や早産になる可能性が高くなります。