読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋雨前線はいつまで続くの!?

スポンサードリンク

秋雨前線が近づいていますがいつまで続くのでしょうか?

 

秋雨前線は8月下旬からきて10月上旬になくなると言われています。

 

秋雨前線には梅雨のように明確に入った、明けたの定義がありません。

したがって天候には注意しましょう。

 

 

秋雨前線は北海道から西日本に向けて進みます。

秋雨前線は目安としては

北海道では8月下旬から9月上旬まで

東京都では8月下旬から10月上旬まで

福岡では8月中旬から9月下旬までの間にきます

 

 

ではそもそも秋雨とはなんなのでしょうか?

秋雨とは秋に降る雨のことです。

具体的には8月下旬から10月中旬ぐらいにかけてふる長雨のことです。

 

 

秋雨前線がどのようにできるのか!?

 

8月下旬になると猛暑の原因となる太平洋高気圧が弱まります。

反対に大陸では冷たい高気圧が生まれます、これがシベリア高気圧です。

 

 

この冷たい高気圧は北日本日本海側に張り出します。

 

 

これらの気圧がぶつかるところに秋雨前線ができます。

秋雨前線の付近は冷たい気圧と暖かい気圧がぶつかり

大気の状態が不安定になるので雨が降ります。

 

 

秋雨前線が南下する理由は南にある太平洋高気圧が日を増すごとに弱まり

北にあるシベリア高気圧が強くなり太平洋高気圧を押し出すことによって南下します。

 

 

 

 

秋雨前線の特徴は!?

梅雨と違い初期の方が強い雨となります。

曇りの天気が続きます。

しとしと雨が長く降ります。

様々な条件が揃うと大雨になる。

 

 

秋雨は弱い雨が長い間降るのが特徴です。

しかし条件が揃うと大雨になるので注意が必要です。

急激に冷え込んだりするので寒さ対策はきちんとしましょう。

 

 

梅雨前線と秋雨前線の違いは?

梅雨前線は5月から7月まで

秋雨前線は8月から10月にかけて発生します。

 

梅雨前線は冷たい気圧より暖かい気圧の方が強くなるので

沖縄から東北にかけて進みます。

また北海道には梅雨はありません。

反対に秋雨前線は北海道から九州の方に進みます。

秋雨前線は北海道にもあります。

 

 

梅雨には入りと明けの発表がありますが

秋雨にはそれがありません。

 

秋雨は梅雨よりも雨が少なく弱いです。

秋雨前線はぶつかり合う気圧の片方が乾燥しているため

どちらも湿気のある梅雨よりも雨が弱くなります。

 

 

 

秋雨が終わると

本格的な秋の突入です。

澄み渡った晴天となります、秋晴れですね。

気温差によって霧が発生することがあります。

夕方から早く日が沈みます。

 

最後に

もうすぐ本格的な秋の突入ですね、時間が早く進んでいるように感じます。

曇り、雨などによる気象病にも注意したいですね。

急な冷え込みがあるかもしれないので風邪をひかないように、

天候が急に崩れることもある可能性があるのでこまめに

天気予報をチェックしましょう!!