熱中症がやばい、予防や対策、原因など


スポンサーリンク

 

 

 

もうすでに暑くなってきていますね。

 

夏日、真夏日が結構観測されてきています。

 

そういえば熊谷の温度計が今年で最後になってしまうそうです。

 

夏の名物だったのに少し残念ですね。

 

 

 

そして暑いとたくさん汗をかきますし、何より熱中症などが怖いです。

 

熱中症は最悪死に至る非常に怖い病気です。

 

 

これからの暑くなる夏に向けてしっかり予防しましょう。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

 

 

そもそも熱中症って?

熱中症とは暑い環で汗や尿などによって体の水分が失われ、体温のバランスが

取れなくなり、さまざまな臓器に悪影響を及ぼし症状が出る身体の障害です。

 

 

 

 

熱中症の種類があるの?

一概に熱中症と言っても様々な種類があることを知っていますか?

 

1つ1つをしっかり理解し、予防しましょう。

 

 

 

熱失神

脳に血液が回りづらくなっている状態で、血管が拡張してしまい起こります。

直射日光に当たっている時や、高温多湿のところでよく起こります。

 

外で仕事をしている人や、湿度の高いところで仕事している人などは注意が

必要です。

 

具体的な症状は、一時的な失神やめまい、発汗、顔色が悪くなったりします。

 

 

 

熱けいれん

大量に汗をかいた時に、水だけをたくさん飲み、体内のミネラルや塩分などが

少ない時に出ます。

 

人間の細胞にはカリウムやナトリウムなどの濃度がバランスよくなるようにありますが

そのバランスが崩れてしまいます。

 

 

水だけを飲めばいいだろうって思っている人は注意が必要です。

 

 

具体的な症状は手足などのけいれん、筋肉痛、発汗などがあります。

 

 

 

 

熱疲労 

これは水分の補給が追い付かず、大量に汗をかいた時に起こります。

 

熱けいれん同様塩分やミネラルが不足したりしても危ないので気をつけましょう。

 

 

具体的な症状は全身の倦怠感や気分が悪くなったり、嘔吐、頭痛、発汗などがあります。

 

 

熱射病 

体温を調節する大切な器官にダメージがあり非常に危険な状態になります。

 

具体的な症状は体温が異常に高くなったり、意識障害がでていたり、

ふらつき、注意散漫になったりします。

 

 

 

熱中症になってしまったらどうすればいいの? 

まずは日陰など今一番涼しいと思うところに移動しましょう。

 

 

熱失神などの場合は足を頭より高く上げて、少しでも血を頭に送ることを

心掛けましょう。

 

 

 

次に水分をしっかりとりましょう

ここで注意なのですが水だけではダメです、熱けいれんなどになってしまいます。

 

 

おすすめはスポーツドリンクで中でもポカリスエットがいいと思います。

 

ポカリスエットは飲む点滴とまで言われており、体の水分の塩分濃度などが

非常に酷似しているからです。

 

やばいと思ったらポカリを飲みましょう。

 

塩分などがうまく取れない方は、梅干しを食べたり、塩分を補給できるお菓子などが

あるので食べましょう。

 

 

 

 

体を風通しが良くなるように心がけてましょう。

そもそも汗は体温を下げるために出るものです。

ネクタイがきつくなっている時より、緩めた方が風とうしが良くなり

汗も蒸発しやすくなります。

 

 

本当にまずに状態だと判断したら救急車を呼びましょう。

死んでからじゃ遅いです。 

 

 

 

 

熱中症の予防について 

一番は熱中症を予防することです。

ではどのようにしたら良いのでしょうか?

 

 

一番は水分をこまめに補給しましょう。

できればスポーツドリンクがいいと思います。

 

お茶を飲むとお茶には利尿作用があり、逆に水分不足になってしますので

気をつけてください。

 

 

30分に1回のペースで水分を補給することを意識しましょう。

 

 

 

直射日光が当たるところ、湿度が高いところ、暑いところは避けるようにしましょう。

 

暑さや水分不足などが熱中症の主な原因です。

 

これらのところをさけ、涼しいところにいるようにしましょう

 

 

涼しい服装をするように気をつけ、帽子や、日傘などを使い

外を出る際には、直射日光は当たらないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

熱中症は最悪死に至る非常に危険です。

 

こまめに水分をとる頃を心がけ、自身の体調管理には

気をつけましょう。