藤井四段の快進撃が止まらない!賞金や収入はいくらになるのか?


スポンサーリンク

いま中学生のプロ棋士藤井聡太四段の快進撃が止まりません。

 

 

デビュー戦以降無敗を記録し、歴代単独1位となる29連勝を成し遂げました。

 

昼食、夕食がなんだったかすらニュースになる藤井四段。

 

では収入の方はどうなっているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

 

将棋界の収入源

将棋界の収入の得方はいくつかあります。

 

1つ目は対局料による収入です。

これは主に将棋連盟から支給される給料で勝っても負けても対局することによって

給料がもらえます。

 

5つのクラスがあり順位が高ければ高いほど対局料が高くなってきます。

5つのクラスと収入は以下のようになっています。

 

A級 約65万

B級1組 約50万

B級2組 約32万

C級1組 約23万

C級2組 約17万

 

 

このクラス分けですが前年度の成績を元に作られて、上のクラスに行くには

同じクラス内でリーグ戦や総当たり戦を行い、勝つ必要があります。

 

藤井四段は今デビューしたばかりなのでC級2組のクラスにいます。

 

 

2つ目はプロ公式戦で収入です。

有名な7大タイトルのそれぞれの収入は?(推定)

 

竜王戦 約4320万円

名人戦 約2000万円

王位戦 約1000万円

王座戦 約800万円

棋王戦 約600万円

王将戦棋聖戦 約300万円

 

これら1つでも優勝すれば新卒の大学生の収入を上回ってしまいますね。

とても難しい勝負の世界だと思います。

 

その他の主な棋戦の優勝賞金額(推定金額)

 

朝日杯将棋オープン戦 約1000万円

NHK杯戦 約500万円

JT杯将棋日本シリーズ 約500万円

新人王戦 約200万円

 

 

最大規模の賞金がもらえる竜王戦では優勝すれば4320万円もらえますが

最後の名人との戦いに至っては負けても1620万円の賞金を得ることができます。

 

また名人と対局する挑戦者をは6つのランキングに分かれたトーナメント戦を行い

それぞれの優勝者6人でトーナメントを行って見事勝った人が名人との挑戦権を得ることができます。

 

このランキングに分かれたトーナメント戦でも優勝、準優勝によって賞金がもらえて

 

ランキング戦1組の優勝賞金は約460万円、準優勝の賞金は約115万円

 

ランキング戦2組の優勝賞金は約360万円、準優勝の賞金は約93万円

 

ランキング戦3組の優勝賞金は約260万円、準優勝の賞金は約62万円

 

ランキング戦4組の優勝賞金は約205万円、準優勝の賞金は約52万円

 

ランキング戦5組の優勝賞金は約155万円、準優勝の賞金は約41万円

 

ランキング戦6組の優勝賞金は約93万円、準優勝の賞金は約20万円

 

となっています。

 

 

藤井四段はランキング戦6組で優勝したのでこの時点で優勝賞金の約93万円を得ています。

 

 

中学生で93万円もの賞金なんて本当にすごいですよね。

 

 

 

 

3つ目は指導や解説などによる収入です。

これはプロ棋士としてのランクによってよりけりです。

 

七段で一回約7万5千円くらいかかり、四段では一回約4万円くらいかかります。

 

これぐらいの額を払ってまで将棋を学びたい方がたくさんいるようですね。

 

 

 

4つ目は将棋で戦う以外の収入です。

テレビの出演料

イベントなどの出演料

書籍の印税

などいろいろありますが、それぞれ人によってこれに関しては収入はよりけりですよね。

 

 

 

 

 

まとめ

藤井四段は中学生にしてかなりの額を稼いでいてすごいですね。

 

将棋界の若きエースとしてこれから引っ張って行ってもらいたいなと応援しています。

 

 
スポンサーリンク